不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

辞めるが先か、転職先を見つけるが先か。

投稿日:2015年6月5日 更新日:

 

転職するときに悩ましい問題の代表と言えば

「先に辞めるか、転職先が見つかってから辞めるか」ということじゃないでしょうか。

 

ちなみにリスクが少ないのは

転職先がきちんと決まってから辞めるに決まってます。

 

でも、そんな悠長なことをしてられない人もいるはずです。

一刻も早く辞めたいみたいな鬼気迫る状況にいる人とかそうでしょ?

 

かく言う私も先に辞めたクチです。

次に働く場所が決まってない状況で辞めました。

 

程なくして就職先は決まりましたけどね。

 

ただ、退職金も何もなく、一ヶ月弱収入がない状態でしたので

少し焦る気持ちはありましたよ。

 

今、人手が不足している会社ってかなり多くて

中々辞めさせてもらえないなんて話もよく聞きます。

 

ブラック度が高いほど、そういった傾向にあったりします。

 

そこで働き続けることに不平不満を感じていなければ

辞めるわけがないのですから、次の就職先が

決まってなくとも辞めたいという気持ち、僕は痛いほど分かります。

 

働けど働けど生活が苦しいという状況の方もいることでしょう。

 

新しい会社に移るって少なからずストレスが掛かりますので、

少しは息をついてからにしたいという人もいるでしょうね。

 

僕もそうでしたから。

 

必死に頑張ってきたけど会社が傾き始めてそろそろだな…

と思ったので辞めました。自分なりに必死で働いていたつもりです。

 

そんな手は尽くしたけどダメでしたってな状況で、

一呼吸置く暇もなく他の会社に移ってバリバリ働けるか?

と言われたら、いや少しお休みが欲しいです…と答えたくもなりますよね。

 

休みなく働いている人って企業説明会や

面接に行く時間も取れないという方もいますからね。

 

僕も転職のための面接に行くので早退させてくださいとは

言いづらかったし、結局最後まで言えませんでしたよ。

 

まぁ、今の職場とはこれまでの縁と割り切って、

転職のための説明会の参加や面接に割く時間を

増やした方が転職自体は成功しやすいと思いますよ。

 

どうせ辞める会社なんだから、最後くらい無理言ってもいいんですよ。

それまで馬車馬のように働いてきたんですから。

 

まともな会社であれば、溜まってる有休の消化のために

退職日よりも前に会社に行かなくなりますし、退職金も多少は出るでしょう。

 

そういったものが何一つ用意されていないなら、

こっちだって義理を通す必要なんてないですよ。

 

上手いこと理由をつけて早退なり休みなりを貰って、

次は良い会社で働けるように説明会や面接に

数多く顔を出すことが大事なのでないでしょうか。

 

僕は最後まで迷惑をかけないように

早退したり休みをもらったりすることはありませんでしたが、

今働いている会社で辞めて行く人たちの

恵まれっぷりを見るに付け、

段々と以前の会社の非常識っぷりにムカついてきました。

 

転職して2年も経てばボーナスは出て当たり前、

残業代も出て当たり前、有休は比較的楽なときに

使えることが常識になってしまいました(^_^;)

 

以前はどれだけ酷い環境で働いてたんだ?

と自分に呆れてしまうほどです。

 

何はともあれ、あなたの転職が良い方に転がることを祈ってますよ。

グットラック( ̄ω ̄)ノ

 

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機
-, , , , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.