不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産業界のニュースと展望

「仕事が上手くいく方法」に物議が巻き起こってる!

投稿日:2015年6月28日 更新日:

もう、あなたも見たかもしれませんが超極端な仕事が上手くいく方法」に日本中の若手サラリーマンが騒然としています。

 

その物議を醸している仕事が上手くいく方法ですが社会人になったら趣味は持たない方がいい。」というものですσ(^_^;)

 

…うーん、確かにこの意見はヤバい。ヤバすぎる…。特に若い世代の共感は全く得られないだろうな…(^_^;)

 

少し前に「休養は大事」ってな記事を更新しまして、そこで主張したこととかぶるのですが、仕事は仕事、趣味は趣味と割り切りたい人が今の若い人には多いと思っています

 

そんな人たちに趣味を捨てて仕事に没頭しろなんて言ったら当然炎しますよねw 炎上商法という可能性も考えられますが、それにしても極端過ぎる意見です。

 

僕も趣味の時間…というか、仕事以外にも自分の時間は必ず欲しいと考えるタイプなので、くくりの中では「仕事と趣味を分けたい人間」に分類されると思います。

 

趣味を持つか持たないかというのは、どっちが良い悪いの話ではなくて、単なる価値観の問題なので仕事一辺倒人間の「趣味は持たない方がいい」という押し付けは勘弁願いたいもんですね。

 

ただし、仕事に生きようが、趣味に生きようがどちらにでも共通して言えることが一つあります

これからの時代、重要視されるのは平均的ではなく、どれだけ突出した才能があるかどうかによって待遇が変わってくると思います。

 

例えばゲームが超上手ければ、プロゲーマーという職業で食っていくことが可能です。趣味もそこまで追求したら立派な職業になりうるってなわけですね

 

趣味を持たない(仕事に生きる)という人は、多趣味な人に比べて目の前の仕事に費やす意識や時間、労力が当然多いわけなので、仕事人として上手くいくのはある意味当たり前です。

 

そういった人たちは「仕事面で突出したものを持っている」ということです。

趣味に生きるのも自由ですが、沢山の人が言っているように、趣味を突き詰めるとそれが仕事になり得ます。そこまで辿り着くことができたら、とても充実した人生を送ることができるでしょう。

 

ほとんどの人がリスクを怖がって、そこまで辿り着くことができませんけどね(苦笑)

まぁ、急ぐこともないので、ジワジワとそこに辿り着くまで頑張りましょう。諦めずに進み続ければ、いつかその境地に至りますよ。きっとね。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産業界のニュースと展望
-, ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.