不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

この会社で働き続けてどうなる?

投稿日:2015年7月31日 更新日:

今、40歳以下の人たちは将来、マトモに年金が貰えるかどうか分かりません。

多分、貰えないと考えていた方がいいと思ってます。

 

そんな中、あくせく働くものの、人より給料を貰っているわけでもなく、退職金があるわけでもない会社で働いていた僕は、たびたび自分の未来が怖くなりました。

この会社で働き続けても、真っ暗な将来からは逃れられない… そんなネガティブなことばかり考えていました。だから重い腰を上げて転職したんですけどね。

 

僕のサイトを見てくれる人の中に、僕と同じような考えを持っている人がいて、その人に何らかの良い影響を与えられたなら素晴らしいことだな…、そんな気持ちで僕は「不動産転職裏情報」を更新しています。

年金が貰えない、もしくは貰えてもかなり小額というのはほぼ確実と言えるのにニュースでそのことを取り扱うことはほぼありません。

多分、これ以上は隠しきれないなと政府が判断したときに公けになるんでしょうね。今、そんなことを公表したら政権が転覆しかねませんし、隠せるところまで隠し通そうというのが狙いでしょう。

 

僕は週一休み、一日の労働時間12時間という拘束時間が果てしなく長いブラック企業の出身者です。

転職した今の会社にも言えることですが、基本的に会社という存在は、そこで働く社員を豊かにするためにあるわけではありません。

それ自体が利益を生み続けることを社会から求められますし、できることなら社員に対しては低い報酬で働いてもらいたいと考える会社が普通です。

 

会社側がそう考えるならば、被雇用者はどう考えればいいでしょう?

僕はこう考えます。

「会社は利用できるだけ利用すればいい」

 

自分の明るい未来あっての人生ですから、自らが得るべき取り分を会社に奪われないように注意すべきなんだと思います。

これは自分が属する会社に何ら利益を残すことなく、お金を自分のポケットに入れなさいと言ってるわけではありません。

それなりに会社にも貢献すればいいのではないでしょうか?

 

少なくとも会社に人生を捧げる必要は全くない。だって、いざという時に会社は自分のことを守ってはくれないだろうから。

今働いている会社でそのまま働き続けるのが不安なら転職すべきでしょう。副業、ダブルワーク、アルバイト何でもして収入経路を一つ二つと増やすべきでしょう。

 

だから、僕はあまりに拘束時間の長い会社で働くことを一番に否定します。そんなのは会社に搾取されるだけの人生です。

ダラダラと会社に拘束される人生を「NO!」とはっきり断れるようになりましょう。

 

如何に効率よく働いてホリデーを楽しむか。海外の人はそのように考える人が多いと聞きますが、今の日本に足りないのはこの考え方ではないかなぁ…と個人的に思っています。

ギューっと短時間に集中して働いて稼いでさ、あとはノンビリと好きなことをしながら生きていきたいじゃないですか。人生の舵取りを今こそ変えるべきなんだと思うんですよ、マジで。

 

不安は「何か行動しろ!」というシグナルです。不安を感じたなら、何がしかの行動を取るようにしましょう。

 

そのときは僕の体験談も参考にしてください→

・店長時代よりもラクな仕事に移って副業全開バリバリですww

 

 

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.