不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

誰しもが転職をすればいいわけではない。

投稿日:2015年8月5日 更新日:

転職のプロから見て、「あなたは転職をしない方がいい」と言われたらどう思います?

 

「え?何で?」って思いますよね。

 

エン・ジャパンが行った転職コンサルタントへのアンケートで「転職すべき人」「転職すべきでない人」ははっきりタイプが異なっているということが分かったようです。

転職を考えている人にとっては必見のこの情報、かんたんにまとめましたので自分が転職せずに現職にとどまるべきなのかどうかチェックしてみてください( ・`ー・´)

 

とりあえず転職コンサルタントに相談をしてくる人たちの中で転職はせずに現職に留まる方がいいだろうなぁと思うタイプは大体3人に1人といった割合みたいです。どうでしょ、この割合。

 

「安易に転職という手段を選ぶべきではない」というのが転職コンサルタントの偽らざる本音のようで、結構安易な考えで転職を考えている人も多いため、こういったちょっと厳しめの意見にどうしてもなってしまうみたいです。

 

で、そんな安易に転職を考えている人の中で多いのが、将来のプランがなく、憧れやお金のことだけで転職を考えてしまっている人。 こういった人が実はかなり多いようですが転職コンサルタントにとってはそういった理由での転職は辞めておいた方がいいだろうといった考え方が大半のようです。いわく、そんな考えではすぐに辞めると思うとのこと。

また「人間関係で転職するのは避けた方が良い。どんな会社に行っても人間関係はついてくるので、それよりはストレスに強くなるべき」という意見が多いようですが、皆さんの転職を考えるキッカケと照らし合わせてみていかがでしょう?

 

逆に、「やりたいことや目標が明確なのに行動を起こせずにいる人」、「年収などの待遇が市場と比べて低い人」、「転職で自分のそれまでのキャリアでの強みを活かそうと考えている人」は積極的に転職を考えた方が良いみたいですよ。

 

この転職を考えた方が良いという項目のどれかに当てはまる人は転職活動を頑張った方がいいかもしれませんね。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機
-, , , , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.