不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産業界のニュースと展望

役員報酬がやばい。従業員との差は広がるばかり。

投稿日:2015年8月18日 更新日:

yakuin1oku

報酬を1億円以上もらう上場企業の役員は400人を超えているらしいです。役員報酬は好業績を反映しやすいが従業員の給料をアップさせることはすなわちコスト増につながるためどこの企業も慎重ということらしい。

 

高額な役員報酬で有名な人と言えばNISSANのカルロスゴーン。今年の報酬額は10億を超えたらしい(;^ω^)

 

最近とかく話題になっているのはソフトバンクグループでの役員報酬。 ソフトバンクはニケシュ・アローラ副社長に2015年3月期に165億5600万円という巨額報酬を支払った模様。元Google社員であったニケシュ・アローラ副社長は入社してからインドを中心に株式投資を行い、すでに500億もの儲けをソフトバンクにもたらしたそうだ。才能すげえw

ソフトバンクと言えば孫正義さんだが、配当収入はすごい高額(93億)だが基本となる役員報酬は1.5億なので驚くほどでもなかったりする。

 

役員報酬が高い業界はどこってことで東洋経済の記事を読んでいたのだが、パチンコ産業といえばいいのか三共(SANKYO)やセガサミーホールディングス、ユニバーサルエンタテイメントなどが目立つ。不動産業界を選んだ俺は間違いだったのか??(;^ω^)

 

不動産会社はどうなのか?

なんとか見つけたのがタマホームの社長 玉木康裕氏の2億4800万円。東建コーポレーションの会長兼社長 左右田稔氏の2億4400万円。大和ハウス工業会長 樋口武男氏の1億9300万円。三井不動産の会長や社長3人が1億7700万といったところだ。

 

従業員が何千人もいる大企業でTOPにまで登り詰める人なんて、僕の中では手が届かない天空人だ。 手が届かないからこそ、夢のような報酬を得ていてほしいといった願望もあるんだが、こと不動産会社に関してはどうなんだろう…。とびきり報酬額が多いというわけでもなさそうだ。

上場企業の平均年収が600万円らしいので、役員の報酬だけがとびぬけて高いとなると、格差は何十倍、下手したら平均給与の100倍もの差が生まれることもある。そこまでいってしまうと役員に対して批判が出てきてもおかしくはないでしょうね。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産業界のニュースと展望
-, , , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.