不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

若者が退職する理由1位は… 意識高くね?(;・∀・)

投稿日:2015年8月21日 更新日:

taisyokuriyuu

平成元年(1989年)以降に生まれた若者はどんな理由で退職をしたかというデータをvokersが公開していたので見てみました。

全産業を横断して多かった転職理由は以下のようなものだったそうです。

1位)目指す技能の取得や職歴(キャリア)の形成が見込めない。
2位)残業・拘束時間が長い
3位)仕事内容が自分が求めていたものと違っていた。
4位)待遇・福利厚生が悪い

 

1位の目指す技能の取得や職歴(キャリア)の形成が見込めないと答えた人はおそらく意識高い系の人ですね。僕が若いころはキャリアなんてことは考えてませんでしたよw

 

ちなみに不動産業界だけで見てみると残業・拘束時間が長いというのが退職理由で一番多かったみたいです。小売り業界も同じみたいですけど。

おぉ…、拘束時間が長いから辞めようと俺も思ったけど、似た動機で退職を考える人というのはやっぱり多いんだな(;'∀')

 

ちなみに俺は不動産業界からは離れなかった。そのときは30だったし、未経験者として自分を売り出すような年齢でもなかったからね。

だから、不動産仲介とは違う不動産関連業界で再就職をした。

 

驚くなかれ、年間労働時間は3600時間から2160時間へと大幅ダウンだ。俺はこれだけでも転職した甲斐があったと思っている。年間3600時間の労働なんてだ。俺はその経験を6年間味わってきたから断言するね。休日なんて疲れた体を癒すために寝て終わりだよ。当時の彼女(今の嫁)にせがまれてお出かけすることももちろんあったが。

 

キャリアがうんぬんとか意識が高いことを思わなくてもいいんだよ。これ以上、働きたくない、もっと自分の時間が欲しいという人間的な欲望で俺は退職しても何ら問題ないと思うな。

ただ、退職したあとにずっと働かないままでいると、再就職先がなくなっちゃうので、その点だけは気を付けた方がいいだろうね。 今の日本は復帰するのが難しいので働いていなかった期間があまりに長いとそれだけで再就職の枷になってしまうよ。 馬鹿みたいな仕組みだけど気を付けよう。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機
-, , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.