不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

不動産営業からMRにはなれるのか?

投稿日:2015年8月25日 更新日:

不動産屋からMR

不動産営業として働いていた人には「今までキツイ仕事をこなしてきたんだから何でもやれる」と考える人は多いのではないだろうか。

何らかの理由で不動産業界から足を洗おうとしている元不動産営業の方々が次なるキャリアとして検討することが多いのがMR(医薬情報担当者)だ。

理由は単純。 MRは金がいいとよく聞くからですね。

何千万という不動産を扱ってきた営業マンは普通は自分の営業力に自信を持ってます。仕事がキツイのも耐性があるでしょうし。。。でも不動産という水物を商材に今後も営業していくのは、常に売上の変動に悩まされることになるので、もうちょっと安定した生活を送るためにも転職をしたいと考えているんでしょう。

 

ちなみに新卒でMRになった友人がいる。外資系の製薬会社に勤めて12年目かな。おそらく相当良い給料を貰っていると思うし、杉並の駅近新築マンションを社宅として借りて住んでます。ちなみに仲介したのは何を隠そう俺w

その他に、体育大を出て運送業に就職した先輩が給料が見合わないといって辞めて今MRとして働いてますわ。その人の転職の動機ももっと金が良い仕事につきたいだったはず。イケメンで爽やかな先輩だったので営業にはぴったりだし、しばらく会ってはいないけど、彼のことだから、そつなくこなしていると思われる。

 

つまり、僕の感覚、僕の周りの事象を見てもMRは金がいいと思われる部分はある。

金大好き人間なら務まりそうなMRだが、死角はあるだろうか?

MR経験者に話を聞いていて、MRの適性みたいなものが分かった気がするので言葉にしてみたいと思う。

1)MR資格試験に受からないとクビ
合格率9割とそんなに難しい試験ではないようですが、この資格試験に受からねば試用期間にてクビという会社が大半のようです。
2)日本は諸外国に比べるとMR人口が多い。
となると今後は少なくなる傾向にある運命か。中途採用の門はかなり狭くなってきているそう。
3)ジェネリック医薬品の台頭で新薬が出にくい。
今まで国民皆保険などもあり、薬価は高止まりしていたので、甘い汁を吸えた部分はあった。だが、そういう美味しい状況は終焉を迎えそう。
4)MR専門の派遣会社ができた。
今後は正社員だけでなく、どこぞの派遣会社から派遣されてきた人も多くなりそう。

まぁ、これらが心配材料みたいです。

でも、担当の先生に対しての仕事になるので飛び込みなどはなく精神的にラク。BtoCの仕事ではないのでゴールデンウイークとかきっちり休める。接待が禁止されたので無駄なお付き合いもない。大手とか外資のMRならば40歳の頃には年収1000万に到達するなど色々魅力的なところもありますよね。

まずは不安要素から考えて、それでも出来そう!というならMRへの転職は全然アリなのではないでしょうか。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機
-, , , , , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.