不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産会社の選び方

売買仲介ランキングを参考にして、どこで働くか決めようじゃないか。

投稿日:2014年7月11日 更新日:

高価な不動産を買うとき、一体人は不動産屋さんに何を求めるだろう?

 

まずは売買仲介取扱件数のランキングをまず見て欲しい。

不動産流通近代化センターより図は拝借。

5位まで掲載したがトップ3が頭抜けていることがわかる。

 

とくに1位の三井不動産リアルティネットワークは28年連続の1位ということで頭一つ飛び抜けているどころか、完全に別格といえる存在だ。

三井のリハウス♪を知らないものは日本にいないのではなかろうか。

 

そして2位が住友不動産販売、3位が東急リバブルと続く。

トップ3は財閥系もしくは電鉄系の売買仲介会社で、不動産購入や売却を意識したことがある人なら知らない人はまずいないだろうというレベルの知名度がある。

 

不景気になるとよりその傾向が高まるのだが、高価な不動産を購入するときに人は意識してか無意識か、大手の売買仲介会社に頼ることが多いようである。

確かに不安定な世の中ならば、少しでも安定している大企業にすがりつきたくなる気持ちはよく分かる(^_^;)

 

…となると、どういうことが起こるか?

冒頭の売買仲介ランキングを見て欲しいのだが、一極集中(少数の大企業に客が集まる)という事態に至ることになる。

 

ネームバリューのない小さな売買仲介会社がなけなしの経費をはたいて広告を打っても、真夜中に自らチラシを撒いても無駄。

大手の客を寄せ付ける引力には勝てません。

 

下手な不動産屋に入社したら、まともに接客の機会すらなかった…なんてことも現実にありうるでしょう。

 

決して楽な商売ではありませんし、競争も激しいと聞きますが、それでもお客さんはくるだろうし、大手のブランド力を活かした営業ができるので僕個人としては売買仲介会社で働くなら絶対大手を選びます。

 

(補足)

売買仲介ランキングに出ていない小さな地元の企業も業績がいいところは勿論あります。

そういう会社は小さくて予算もあまりないけど、生き残るための策を練りに練っている会社です。

そんな会社で経営に携われる仕事が出来るなら、それもまた素晴らしい経験になると思われます。

 

営業マンならより良い条件で働きたいと思うのは当然です。

今の仕事を続けながら、良い条件の会社があれば移れるように準備しておくことが大事なんだと思います。

今の会社で働きながら効率的に転職活動を行うやり方はこちら→

 

 

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産会社の選び方
-, , , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.