不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産業界のニュースと展望

借主優位が止まらない。今後の不動産業者の在り方

投稿日:2015年9月22日 更新日:

「客に振り回されんな、お前が誘導しろ!」

これ、昔、上司によく言われた言葉です。

この上司、「早く決めないと物件なくなるよ?いいの、それでも?決めるなら今だよ、今!」みたいな強引なセールスで日本一になったこともある人です(⌒-⌒; )

 

でも、今、このセールス手法って使えるかなぁ??

空室率の上昇に伴い、借主はますますワガママに、ますます優位になってますよ?

国交省のガイドラインでもそうですが、借主優位という流れが食い止められませんね。

 

貸主の力は弱くなっていく一方でしょう。昔ながらの左団扇に若旦那、みたいな大家さんは絶滅すると思います。

 

不動産業者もそろそろ借主(買主)から仲介手数料を踏んだくろうとするのではなく貸主(売主)から正当な報酬をもらえるようにビジネスモデルを変えていかないといけないでしょうね。

愛知とか大企業が多い地域柄なのか、偉そうな大家さんが多くて僕は個人的に死にそうです(笑)

 

随分前に不景気が騒がれたときに社宅として借りてもらってたアパート、マンションが一斉に解約されて途方にくれる大家さんがニュースになりましたが、最近復活気味のようで…。

大企業はすこぶる景気が良いみたいだな…ということが、自分自身の仕事から読み取れたりします。

 

まぁ、それにしても不動産業界というのは自分本位の営業が長らく看過されてきたところはありますからね、急に顧客目線にたって仕事をしろ!と言われても方向転換できなくて社会に必要とされなくなる会社もかなり出てくるんじゃないでしょうか。

そうは言っても弱肉強食の世界ですからね。進化する会社が残って、進化できなかった会社は滅びていく。至って自然なことです。

 

自分が所属している会社は進化するかどうかは極めて冷静に判断したいところですね。

 

会社が潰れて働き場所がなくなったなんて人から最近話を聞きましたが、働き場所がなくなったサラリーマンって悲し過ぎますもん。

 

借主優位という事実に気付かず、昔ながらの悪徳不動産屋の手法に頼っているならば、近い将来、社会から必要とされなくなるので早めに職を変えておくのが良いでしょう。

僕なんか借主様様ですよ(笑)

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産業界のニュースと展望
-,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.