不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産屋の仕事内容と特徴

内定が中々取れない人でも不動産営業なら取れる?

投稿日:2015年11月4日 更新日:

電車の中で就活をしている人たちがこのような話をしていました。
「内定とれねー」「新卒で内定とれなかったら終わりだよな俺」
「まぁやばいなー」「不動産営業くらいならのこってるんじゃね?」と聞きました。
不動産営業はレベルがひくいということですか?それとも選考がかなり遅いということですか?
また、ここでいう不動産営業とはハウスメーカーの仕事ですか?

質問はYahoo知恵袋から拝借

masa2
管理人のリョウタです。

多分、話の中で出てきた不動産営業というのはハウスメーカーに限ったものではないと思います。

むしろ上場しているハウスメーカーは倍率が高めなんじゃないでしょうか。バリバリの営業マンなんで仕事はキツイっすけど(^▽^;)

不動産業界内の年収の目安はこちらを参照→

 

不動産営業といっても色々なお仕事がありますが、売買にせよ賃貸にせよ不動産仲介の仕事は年中求人に出ているといった印象がありますね。

これは辞める人が多いので「人員補充のため。」というのが一番の理由だと思いますよ。

ちなみに不動産業界に限らず、営業の世界は非常に離職率が高いです。世界的に有名な製造業でも2~3ヶ月で辞めていく営業マンが続出してますよ(^▽^;) めちゃくちゃ入社するのが難しいのにも限らず辞めていく人はかなり多いです。長く勤めたら間違いなく高給取りになれるにも関わらず想定していた以上に激務過ぎて逃げ出したくなるようですネ。

 

ちなみに今年2015年の8月の有効求人倍率は23年7ヶ月ぶりの高水準だったみたいですよ。

どこの会社も有用な人材を囲い込むのに苦心してますもん。

 

たしかに新卒のときが一番内定は取りやすいですよね。新卒のときに内定が取れない人は… どうしましょうかね…(^^;

まぁ、就活でも格差というのは存在して受ける企業ほぼ全てから内定を貰えるような人もいれば、どこからも内定が貰えないみたいな人もいますよ。

 

今まで何をして生きてきたか、どんな結果を残してきたかを問われますからね。

応募する側としては「そんな過去に囚われず、これからの俺を評価してくれ」と思うかもしれませんが、面接で見ているのは今まで何らかのジャンルで飛び抜けた成績を残したことがあるかどうかだったりしますよ。なのでどんなことをして生きてきたのかって超重要なんですよね。

 

ま、そんなものは社会に出てからでも積んでいけるので潰されないような会社に入って、ひたすら精進を続けましょうや。

良い会社に入社するのがGOALという短期目線の人もいるかもしれませんが、これからの日本はそんな簡単なものでもないと思いますよ。

 

40を超えて運の良さだけで生き残ってきたという人を見るのはなんか虚しくなりますもん。

少なくとも何か特定のジャンルではTOPレベルであるくらいには努力し続ける必要があると思いますよ。

つまり、のほほんとなんか生きてなんかいられないんですよ。

そんな時代が待ってると思いますが自分が興味を持っている世界に飛び込めば充実した日々が待ってると思いますよ。

 

働くなら「不動産営業が良いですよ」とは言わないですけどね、僕は(苦笑)

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産屋の仕事内容と特徴
-

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.