不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産屋の仕事内容と特徴

一生働ける仕事、定年まで働ける仕事ってどんなん?(不動産業界)

投稿日:2015年11月14日 更新日:

「キツイって聞くけど俺は我慢できると思う!」と業界未経験で大手不動産会社D社の営業マンに転職した人が2か月で辞めました…(笑)

笑うのは不謹慎かもしれませんが笑わずにはいられません。だって笑わないと…なんて世間は厳しいんだ…って悲しくなっちゃいますもん…(´;ω;`)

休みはないし、売上を上げられないとマックのアルバイトより時給が低いみたいでどうにも耐えられなかったようです。ははは…、昔の俺とほとんど同じこと言ってらぁ…。。。

 

ということで営業という仕事は一生働ける、定年まで働ける仕事ではなさそうですね。不動産の営業に限らず、営業は全てキツイ仕事だと思います。

≪関連記事≫営業の中で一番きつい営業のはどの業界?

 

「厳しいと言われる不動産業界で今日まで安定してやってこれただけでもありがたいと思ってる。」と呟いたうちの課長のことを以前、記事で紹介しましたが、僕もマジでそう思ってます。不動産って景気にすごく左右されるし、それを商材にする営業マンってすごく上げ下げが激しい職業だと思います。

以前羽振りが良かった人も今は…どうなの?って感じの人も多いですし、安定感のなさという視点では公務員の対極にいるような職業だと思いますわ。

とりあえず、営業マンならば遅くとも45才までには現場を離れたいですね。

世の中には定年を迎える瞬間まで営業マンとしてバリバリと働ける人がいるかもしれませんが、すごく稀なことだと思います。そんな人を僕はほとんど見たことがありません。ずっと営業で働いてたらキツくなって辞めちゃうっしょ、普通。

ということで肩書がついて現場を離れるというのが不動産業界で長く働く秘訣だと思います。

あとは僕みたいに非営業系、事務方の仕事に移るとかですかね。

社内には外回りの仕事をしている人もいますが、個人宅への飛び込みとか朝から晩まで電話営業といった仕事に比べれば相当ストレスは少ない仕事だと思います。まぁ、それでも心や体を壊す人も一定数いますが…(^^;

色々考えると、今の会社でやってることって今後も需要がなくならないと思うのでしばらくはここに身を置いておこうかな…と思っています。40代、50代が多いっていう不動産屋さんって珍しくないですか??

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産屋の仕事内容と特徴
-

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.