不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

賃貸仲介のお仕事

賃貸仲介の店長だけど割に合わないので転職したい。

投稿日:2014年7月28日 更新日:

名ばかり管理職という単語が一時期流行ったが、賃貸仲介店舗の店長も仕事量に見合わない給与に頭を抱えている人がいるのではなかろうか。

 

何を隠そう、僕もそんなことに頭を悩ませた一人である。

月に300時間働いて、ボーナスなし、給料29万という素晴らしい待遇であった(笑) ちなみにボーナスなしw

 

生まれては消えていく運命にある、そこら中に腐る程あるちっぽけな賃貸仲介のお店だ。

少し真面目で少し頑張るタイプなら誰でもなれる。

 

不動産業界そのものに嫌気が刺して、違う業種に転職しようかなぁ…なんて考えていたが30才を超えていたし、未経験で頑張ります!が通じる年齢でもないんだよなぁ…ということで、それまでに付き合いのあったいわゆる大手の事務系の会社に転職しました。

 

そうしたらビックリ

 

女性の比率が7割だったので、環境はまともだろうなんて思ってたけど、賃貸仲介の店長時代の1/3ほどの労働量であのときの俺より給料を貰っているわけだ。

 

まともどころじゃなく、厳しい営業の世界で生きてきた僕としてはおかしな世界なのだ。

俺は今まで何を必死に頑張っていたんだろう?と無気力になってしまうくらいのヌルい環境、そしてそこで働くヌルい人間たち。

 

仕事内容は以前やっていてことの一部みたいなもんで、すぐに慣れたし、先に入っていた人間より一週間で仕事は出来るようになった。

入社した一年目は非正規社員ということもあり、年収は店長時代と変わらずであったが、正社員になった暁には家族手当やベースアップなど諸々の待遇が改善し、間違いなく年収は増える。

 

課長職でおそらく800万と決して高収入の仕事ではないかもしれないが、この労働環境のヌルさは異常。そしてクセになる。抜け出せない。

 

ラクというのはこんなにも人を繋ぎ止める力を持っているんだなと思う。

こういう会社であれば、過度のストレスなく長いこと働き続けられると思う。

 

本当に昔、深夜まで仕事し続けて、店舗運営や人材育成、売上数字管理に振り回されたあの店長時代は何だったんだろう…。

若いうちの苦労は買ってでもしろというが、同じ時期にこんな楽な仕事で俺よりも給料を貰っていた人間がいると考えると…、少し腹が立つw

 

不動産業界に絶望して、この業界で働くことを辞めるのではなく、僕みたいに大手の事務系に行くのもありだと思います。

確実に生活は改善されます。

 

いっそ店長なんて肩書なんて捨てちゃって、新しい道を歩み始めた方が人間的な生活に戻れると思います。

僕がそういった道を歩んで感じたことは↓の記事にまとめておきました。

不動産事務ってどんなことやるの?悩みとか不満について

 

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-賃貸仲介のお仕事
-, , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.