不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産に関係する資格について

【不動産関連の資格】年々減る受験者数…

投稿日:2015年11月27日 更新日:

一民間資格である「賃貸不動産経営管理士」、3年連続で申込数、受験者数が増えているみたいですね。

これって実は凄いことで、この前、役に立たない資格として例に出した「マンション管理士」なんかはバブルが弾けたあとの株価のように受験者数は激減してますし、管理業務主任者や不動産鑑定士も年々受験者数が減り続けています。

不景気だから資格にすがりつきたい!という僕みたいな人が増えているのかな?と思っていたのですが、不動産関連資格の受験者数の減り具合を見る限り、全く逆です。

不動産関連資格で安定しているのは?

不動産関係の資格で受験者数が安定してるのは宅建ぐらいなものですねぇ。

ということで、3年連続、受験者数が増えているという「賃貸不動産経営管理士」、意外と侮れません。今は民間資格ですが、将来的には国家資格化を目指しているようで、来年の7月までに方向性を探るみたいですね。

(参考)賃貸不動産経営管理士の価値を2016年の今、語らせてもらおうか。

http://fudousan-tensyoku.jp.net/?p=4636

これさぁ、今のところ合格率が80%近くで試験を受けた人のほとんどが合格してるわけですけど、国家資格になってもこのペースを維持するつもりですかね(^_^;) あまり資格者が増えすぎるとなんの意味も持たない資格になっちゃうと思うんで、気を付けた方がいいと思うのは俺だけ?

仮にもし、賃貸不動産経営管理士が国家資格になったら、試験が簡単なうちに取得してた人はラッキーですよね。管理業務主任者とか初回試験の合格率58%と、今の3倍近いパーセンテージですからね(^_^;)

2回目以降は20%強の合格率に保ってるみたいですが、途中であまりに合格率を変えるのもどうなの?みたい思いもありますんで、賃貸不動産経営管理士は民間資格から国家資格化を考えているみたいですが、合格率80%の簡単な試験という立ち位置を続けるかぎりは国家資格になるなのは難しいんじゃないかな。

そして今更合格率を20%に下げるわけにもいかないでしょうし。もしかしたら、、、来年僕も賃貸不動産経営管理士を受けるかもしれませんけどね(^_^;)こんな資格要らねぇとか思いつつ、資格を多くもってると昇格しやすかったりするんで…。

取り敢えず、今年、管理業務主任者をぶち倒さねばならないんですけどね。そろそろですもん、試験日。

 

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産に関係する資格について
-

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.