不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

管理人リョウタのつぶやき

僕が不動産屋に、サラリーマンになるときに決めたこと。

投稿日:2015年12月10日 更新日:

僕は元々NEETでした。←最近あんまりニートって言わなくなったね。

 

というか興味の対象が「働く」に全くなくて、大学卒業=就職にも違和感があって、3年間ほどプラプラしていたんです。

その後、そろそろ働こうと思える出来事があって、不動産屋として、そしてサラリーマンとして歩み始めたわけですが、当時思ったことをつい最近鮮明に思い出しました。

 

25才で初めて就職、社会に出た僕が思ったこと。

それは

「絶対に牙は抜かれないぞ。」ということ。

 

多分、僕以外、この言葉の意味が分かる人はいないと思うので、少しだけ当時ねじ曲がっていた僕の心と考えを説明したいと思います(;^ω^)

 

大勢に歯向かう意志がないから皆働くんだろうな、と当時僕は本気で思っていました。相当歪んでますよね(苦笑)

自分のやりたいことをやろうという強い思い、誰に何を言われようと貫くもの、それを僕は「牙」と表現しました。

 

僕の中では「社会に出る=やりたいことはできない」だったんです。まぁ、今もあまり考えは変わってませんが。

会社に勤めておきながら、やりたいことしかやってなかったら変人ですよね(^▽^;) さすがにそこまでぶっ飛んでないっス。

 

ということで25才で僕はやりたいことをやってきた人生に一区切りつけて、働くことを選んだわけです。

働くかぎりやりたいことなんてできないんだろうなぁ~、それが働くだもんな~みたいに覚悟を決めて。

 

まぁ、でもやりたいことができなくても「牙」は絶対失わねぇぞ、と思っていました。

つまり、自分のやりたいことをやろうという強い思い、誰に何を言われようと貫くものを、全く自由のない社会人見習いのときでも擦り減らさないということです。

サラリーマンって我慢我慢の連続でいつしか感覚がマヒしてしまうと思ってました。いや、今現在も思っています。

 

僕がじゃあ以前と同じように、自分のやりたいことをやっていいよ?と言われたときに、20代前半の頃の自分と同じように行き過ぎた行動ができるか?と問われるともう多分無理なんです…。家族がいるし、そんな若さ・未熟さももはや持ってないし。

 

確実にサラリーマンをやっていることでマヒしている何かがあるんですよね。こいつは「牙」が相当擦り減っちゃってるんだと思います(苦笑)

 

あのときの僕は、今みたいに「働くなら大手!」なんて一切思わなかったですし、自分でも相当考えが変わってしまったなぁと思います。

別に悪いことではないのかもしれませんが、いいことでもないです。 ただ昔の自分とは変わった、ということだけです。

 

でも、今も昔と変わらず、自分のやりたいことをやろうという強い思い、誰に何を言われようと貫くものを持っていて、ずっと生き方が変わらない友人もいます。

 

果たして、僕が選んだ道、何故かそれまでの人生でほぼ縁がなかった不動産屋には何か意味があるんだろうか?

 

と、まぁ、何も答えのない投稿になってしまいました…(~_~;)

でもさ、僕が不動産屋になったから、こういったブログを書いている訳できっと何らかの意味はあるんでしょうね。

もはや、リョウタと不動産は切っても切れない縁になってしまったわけですよ。

これからどんなことがあっても離れることはないんでしょうね。何らかの形で関係が続いていくんだと思っています。

 

僕にもそういうものが出来て良かったな…と思ったり、思わなかったり。

 

さてさて、なんじゃそりゃ!と思われたところでまた次回(*`・Д・*)ノ ちょいと今日は疲れてるんです…。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-管理人リョウタのつぶやき

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.