不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産業界のニュースと展望

【斬新!】こういう不動産屋さん大好き。

投稿日:2015年12月11日 更新日:

従業員5名(業務委託含む)←少ない。

しかも設立は2013年12月。まだ社歴も浅い。

でも、面白そうなことやってんな、そう思った株式会社CityLights Tokyo

citylightstokyo

 

あ、特段、俺はこの会社の求人関係の回し者とかじゃなくて、単に興味を惹かれたから取り上げてます、念のため(^^;

間取りのないデザインオフィス不動産サイト「TOKYO WORKSPACE

入居者が貸主に事業内容についてプレゼンすることで家賃の値引き交渉を行う「RENTRY

遊ぶ時間と働く時間の不動産という両極にありながら、それぞれの時間をライフスタイルとして紹介する「休日不動産

 

ね? なんかソワソワするようなコンセプトでビジネスしてると思わない?

こういうさ、単なる不動産仲介じゃないぜっていうのが一目で分かる会社って素晴らしいよね。

単なる不動産仲介は効率化、効率化の波が押し寄せてきて多分大手しか残らないからさ、中小ベンチャーは新しい切り口で勝負するしか未来はないと思うんだよね。

 

順風満帆に行ってるわけじゃない、と代表自らが語っているところもいいよね。

荒井:デザイナーズマンションなど「住居」を紹介する不動産屋はたくさんあります。オシャレなデザインオフィスを作る設計事務所や工務店もたくさんある。でも、デザインオフィスに特化した不動産屋はほとんどありませんでした。働く時間というのは生活の多くの時間を占め、時代的にもニーズが高まってきているものなのに。「だったら自分で始めよう」と思ったのが発端です。とはいえ、もともとデザイン性の高いオフィスの物件数がごく僅かということもあり、最初の数年は僕一人で利益を出すのが精一杯で、なかなか人を増やせませんでした。

 

なんつうか、最初から上手くいくはずがないというか、最初の1000時間はそれこそ修行の時間みたいな感覚が僕にもあって、こういう創業当初の苦労話とか知っちゃうと素直に応援したくなっちゃうのよねw

株式会社CityLights Tokyoのサイト構成、デザインも見やすくて好きだし、頑張ってほしいと思うな。

 

あとは不動産営業の担当者に「エディター」という肩書きを付けているあたりもいいね。「ルームアドバイザー」とか「ハウジングアドバイザー」とかありふれた名称じゃないのが素晴らしい。

 

あ、ちなみに私、リョウタは自分の職業をWEBプロジェクタ(企画屋)とでも名乗ろうかなと最近思ってます(笑)

不動産関係のミニサイトをもしかしたら増やすかもしれないので、いつかこのブログで紹介するかもしれませんねぇ。

いやぁ、ネットサーフィンしてて久しぶりにヒットした不動産会社を見つけたわ~。

 

ちなみに求人もしているらしい。 概要はコチラ(終わってたらゴメンナサイ)

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産業界のニュースと展望

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.