不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

【事実】余裕のなさが間違った判断を生む。

投稿日:

予てより僕は「余裕のなさ」というものが諸悪の根源なんだろうな…と考えていました。

個人的な話を例えに出しますが、夜遅くまで作業をして頑張る→頭の働きが鈍くなってきて作業効率低下→結果、長時間働いたのに少ない成果しか出ない→俺はこんなに長時間頑張ったのに全然報われない!みたいな被害者的発想になりました。

もう1つ。

いくら働いても金と時間がない→でも気合と根性で頑張れば現況を打破できると考え、考えなしに行動する→時が経つにつれてますます状況悪化…、なす術なし。

みたいな経験をしてきたから「余裕のなさ」が諸悪の根源なんだろうな…、という考えに至りました。

 

この僕の考えはあながち間違ってはいないかもしれません。下記の報告書でもほぼ同じことをいっています。(世界開発報告書)

貧困は経済的に間違った意思決定を招くことが世界開発報告書で明らかに

 

経済的に困窮すると人ってIQが13ポイントも低下するそうです。

IQって、問題解決能力とほぼ同じ意味ですから、IQが下がる=問題解決能力が下がるです。

つまり経済的に困窮する→余裕がなくなる→IQが下がる→問題解決能力が下がる→更に経済的に困窮する…エンドレス

というように負のスパイラルに突入するということです。

 

これで僕は理解できました。

何故、虐げられているのにずーっと同じブラック企業で働く人々の心理が。

いや、まぁ、以前の僕なんですけど…(⌒-⌒; )

 

余裕がなくて、著しく問題解決能力が落ちていたんだと思います。冷静に判断が出来なくなっていた。

僕は職場を変えることで、そこから脱却しました。

 

以前の僕は余裕がなくて、こんなブログを書くなんてことはできませんでしたし、僕がこのブログを更新し続けていることが何よりの証明かと思います。

時間と金がないことに困っていた僕は、まずは時間の確保を選びました。

 

そっちの方が、自分の性格的に余裕が出来るだろうという本能が働いたのかもしれません。

今もときどき余裕がなくなって、愚かな判断を下してしまうこともありますが、以前に比べたら大分少なくなったかと。

 

自分を追い詰めれば追い詰めるほど真価が発揮されるなんてことを営業マン時代は考えていましたが、最大のパフォーマンスを発揮するには余裕は残しておかないと駄目ってことですね。

逆境に強い人もいるとは思いますが、僕は「余裕」というものを上手く使いながら生きていこうと思います。

 

マジで余裕って大事だと思いますよ。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機
-

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.