不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

仕事が出来ないと見なされてもクビにされない会社とされる会社。

   

今、僕が働いている会社で不思議な人事異動がありました。

意図が分からない異動

どう不思議かと言うと「あの人は仕事出来ないよねぇ。」という不名誉なレッテルを貼られている人間だけが異動となったんです。異動先は人手不足の部署

人手不足の部署に仕事が出来ない人間を何人送ったってどうにもなりゃしない。今回の異動は意味がない。なんて厳しい意見も社内にはありますが、僕は全く違うことを考えていました。

 

それは…仕事が出来ないと見なされてもクビにされないだなんていい会社!ってことです(^◇^;)

 

買収されたSHARPが「信賞必罰」の社風を導入するなんてことがニュースになってますが、功績あるものを讃え、罪過あるものを罰するとなるとどういう感じになるんでしょうかね?

営業会社だったら、罰って非常に分かりやすいですよね。罰=給料(歩合分)なし、です。そのため売上成績が上がらない人間は歩合給が一切ない雀の涙ほどの給料しか毎月振り込まれないため、退職に追いやられます。

 

そう。

仕事が出来ない(売上を上げられない)人間はクビとは言われないまでも、状況的に辞めざるを得ない事態になっていくんです、営業会社は。

仕事が出来ないのに異動させられるだけで済むだなんて、僕が今働いてる会社は有難いところですねぇ。本当にそう思います。

 

この有り難さに気付いたのは、とある上司の一言でした。

「俺が以前の会社にいた時、同期で入社した奴らが30名いたけど、2ヶ月後に残ってたのは俺含め2人だけだった。」

↑これが不動産会社のスタンダードですよね?↑↑

僕は一気に数十名の中途採用を行うような大きな会社で働いたことはありませんが離職率は酷いもんでした、酷い人は2日目から会社に来なかったし(苦笑)高年収を謳う求人広告を出す不動産会社はどこもこんな感じでしょう。定着率でいうと10%以下…(^_^;) でも、これが現実に起きている。そういう事実を知ってるので、僕は「仕事が出来ないと見なされても会社にい続ける事ができる今の会社は素晴らしいとこだな」と思いました。

その代わり、給料安いけど(笑)

ま、働くにあたり所属している会社への感謝って大事よね。自らの仕事の質にもそういう思いって響いてくると思うし。

以上。久し振りの投稿は近況報告(?)でございました。皆さん、お元気で。あっしは夏風邪でダウンしてます(-_-;)

 - 不動産よくある話