不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

上じゃない。下を見る必要がある時代ってことなんだよ。

投稿日:2016年12月12日 更新日:

上を見るか下を見るか

稼いでる友人を見て羨ましくなる時がある。一つ違いの後輩なんだけど28才やそこらで準大手のコンサルティング会社の部長職に昇格し、吉祥寺に家を買った友人を見てると本当に羨ましくなる。←昔から運が太い&頭がいい奴と認めていたが、デカくなりやがって…(;^ω^)

こうやって自分よりも上の人間を見て転職を考えるようになる人もいるだろう。俺にもそういうところあるし。

一方、今の時代は上よりも下を見る必要があるんじゃないかな、とふと思った。

今、正社員としての働き口がなくて40代、50代で非正規社員として働いている人が多いという。そういう人たちは20代、30代という大事な時期をぐうたらに過ごしてきたんだろう、と見ることもできるが、いやはや真面目で実力がある人も正社員としての働き口がないなんて話しを聞くから非常におっかないわけだ。

僕も正社員になるのに苦労した。だから全くもって正社員としての働き口がないというのは他人事ではない。

そりゃあ、こういう時代でも稼いでる人はいるだろう。上を見たらキリがない。でも、見るべきは上ではなく下なのではなかろうか…。現在、個人的に転職を真剣に検討しているがそのように思った。

海外で働いたことがないから分からないけど日本は正規の昇進ルートから外れたら救済措置がないと言われる。自己都合の退職の他にも病気や介護、出産、子育てで昇進ルートから外れざるを得ない人たちもいるだろう。でもその人たちが元のルートに戻る道が用意されていないのだ。

転職するときに一番怖いのがここだと思う。どんなに企業研究をしても、面接で会社の社風を見極めようとしても、働いてみなければわからないことがほとんどだ。

現在の待遇に決して満足しているわけではないが、健全な生活を送れているという点においては何も不満を感じていない。もちろん転職することで得られるメリットもあるからこそ真剣に検討しているわけであるが、健全な生活を送れている今を捨ててそれを掴みに行くべきか、マジでここが人生の分かれ道のような気がしている。

上じゃない。下を見るべき。←この考えが如何に重要か、お分かりいただけるだろうか。

転職とはこんなにも迷わしいものなのか。。。前回は簡単すぎたわい。勤めるに値しないような酷い職場だったんでね。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.