不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

要らない課長、要る課長。崩れ始めた年功序列。

      2016/12/22

年功序列が崩れ始めた

良くも悪くもうちの会社って年功序列制度が残っているので、長く勤めれば自然と出世していくことができました。マイナス評価ばかり貰ってる人間は流石に出世出来ませんけどね…(^_^;)

こういう年功序列制度が色濃く残る会社には名ばかり役職者がいたりするんですよ…、残念なことに。もっと深く付き合ってみればその人のいいところも見えてくるかもしれないのですが、いかんせんこの課長は駄目だなぁ…という人と仕事をする機会があったので、ここでこき下ろしたいと思います(笑)

あんまり具体的なことは言えないんですが、新規事業立上げに関する話しです。うちにとっては新規事業と言えても既に何社もの参入者がいます。そこにうちが突っ込んでいこうとしています。

さて、どうなるか?

非常に厳しい戦いになる。当たり前。

そもそも僕は勝ち目がなければ、新規事業なんてやるべきではないと考える人間なんですが、この事業を引っ張ることを託されたとある課長のお粗末さには開いた口が塞がりません( ̄O ̄;) 既に参入している会社の中で一番ビリッけつの会社をベンチマークにしてるわ、サービスの改善に力を入れないわ、挙げ句の果てに事業の展開スピードが遅いのは下の人間の所為だ!とか責任を他人になすりつけちゃってるようなゲスです(苦笑)

あんた、よくそれで課長(もうすぐ部長?)になれたなぁ?? 上へのゴマスリだけは得意だったのかい??(^_^;) こういう人間が役職者になってしまうことが年功序列制度のいけないところですなぁ。発想と思考レベルがとにかく貧相。もうあなたは去りなさいと言いたいぐらいです。

一方、仕事が出来るなぁ…、人望厚いなぁ…、いい人だなぁ…と思う課長も勿論います。僕が今の会社を辞めて他の会社に移ることを踏み止まった大きな理由に「この課長がいるから」というものがあったりなかったり。

使えない人間の下ではどんどん人が辞めていきますね。最近「坂の上の雲」という明治の始まりから日露戦争終結までを描いた小説を読んだんですが、この小説にはたびたび使えない指揮官が出てきます。使えない指揮官の下ではたくさんの人間が戦死する。一方、優れた指揮官の下なら無傷で勝利することも可能なのです。

取り敢えず同じ課長だからほぼ同じ給料貰ってるんだろうけど強烈に違和感があるわ。。。出来る課長の給料を倍にして、出来ない課長の方は半分にしてもいいくらいだと思う。使えない人間に金払い過ぎだよ、うちの会社は。

年功序列がなくなるのは別にいいけど、社歴が長いだけで上にいった人はどんどん追いやってもらわないと害をもたらすだけだよなぁ。これから入社してくる世代にだけ厳しくしないで古くからいる役職者にもしっかりやってるかどうか会社は厳しい目で判断すべきだよなぁ。使えない人間食わすために新しく人が入ってくるわけじゃねぇんだよ、マジで。そのあたりビシッとやってほしい。

 - 管理人リョウタのつぶやき