不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

年間仲介手数料収入が7000万に迫るトップセールスマンが独立しないわけ。

   

年間仲介手数料収入が7000万あったら、相当凄いセールスマンだと思います。しかも三井やら東急、住友という看板を持ってない地場の不動産屋でこの数字を叩き出していたスペシャルな営業マンの話しをしたいと思います。

おそらく、年間仲介手数料収入で7000万売り上げたときの彼の年収は1400万弱ってところだったと思います。基本給+歩合でこんな感じ、基本給300万+歩合1100万。

僕はその人にこう聞いたんですよ。

「なんで独立しないんですか?」

だって、看板・ブランド力に頼ってる営業スタイルでもないし、独立してやったときとほとんど変わらないような知名度の低い会社でそれだけの売り上げを上げていたのでね。独立した方がもっと稼げるんじゃないですか?と聞きたくなりますよね。

その人の元にはヘッドハンティングみたいな話しも舞い込んできていて、一緒に新しい会社を立ち上げようぜみたいな誘いもかなり多かったみたいですが、遂には独立しませんでしたね。今もその会社で働いているみたいです。※現場ではもうほとんど働いていないっぽいですが。

まぁ、養うべき家族のこともあるし、安易に独立という選択をすべきではなかったのかもしれないし、営業マンではなく経営者としての道を望んでいたあの人には会社に残った方が何かと都合がいいって面もありましたけど。

で、現在の話しですが、営業マンとしては優秀だったあの人ですが、だからといって経営が上手くいくってわけではないようです。

人がどんどん辞めていってるらしいし、売上も右肩上がりとはいっておらずジリ貧みたいです。

あんなに優秀な営業マンであってもそうなんだな…と思うわけであります。営業マンと経営者は全く別なんだな…って思いと、今の時代、どれだけ人を雇って会社を回していくのって難しいことなんだろう…と考えちゃいますよ。

もれなく僕が今働いてる会社も人件費が重くのしかかってきてますからねぇ…、だから忙しい時だけ短期派遣さんを雇って乗り切るとか家族手当を減らすとかボーナスを減らすとかゴニャゴニャやってますよ…。

まぁ、そんなしんどい現実ではありますが、僕は明るく生きてますよ。備えあれば憂いなしということで未来に芽吹くであろう種をいっぱい撒きつつ今を生きてます。いつかきっと豊かに実る…、それを楽しみに生きてますw

あの人も今がきっと山場なんだろ~な。今が正念場。

きっと僕もあの人も乗り越えられるさ、目の前の壁を。

と、そんな風に思ってます。俺からあの人に声を掛けることはないけどね(苦笑) まぁ、お互いそれぞれの場所で頑張りましょう、ってな思いだけです。

そんな人、貴方にもいますか??

 - 不動産よくある話