不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

宅建を持ってても現場から離れたら終わりだな。

   

今、僕が働いてる会社は宅建を昇格のために必須の資格としていますが、日常業務の中で宅建で得た知識を使うことはほぼありません。※気付かないだけで意外に使ってるカモですが…(^◇^;) で、思うわけですが、日常的に使わない知識ってどんどんサビついていくんですよね…。あんたプロ?とクレーム言われちゃうくらい記憶は薄れていくし、使い物にならなくなっていきます。

医療従事者の嫁さんとか見てると日々勉強なんですよね。情報を刷新(アップデート)しないと医療の今についていけない。だから当然勉強する。

それに対して僕は??

まぁ、そもそもが、僕の今の部署は純粋なる不動産業を行っていないので宅建の知識が失われていっても仕方がない面が有るのですが、資格を取る意味って何なのかな…って疑問に思っちゃいます。どれぐらいの能力を持っているのかの判断要素として資格の有無を見るというのはアリと言えばアリだと思いますが、取った資格を活かせてる人って世の中にどのくらいいるんでしょうね?

資格を活かして常にアップデートし続けている、これこそが真のプロだと思います。個人的には売買仲介の営業をやっていた頃が一番コレに近かったかな…。超絶しんどかったけどな、あの頃。

 - 不動産に関係する資格について