不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

転職のキッカケと動機

就職や転職で失敗した先に待ち受けている地獄。会社選びは慎重に。

投稿日:

僕は元々ブラック企業と呼ばれる会社で働いていました。まぁ、どんな就労環境だったかとか給料だったとか今更言うつもりはありませんし、思い出したくもありません。

あの頃はただただ地獄でした。今もあの会社で働く元同僚がいますけど信じられない。(もう4年経ちます)

就職や転職に失敗することによる負のループというのは本当に存在して、勤め先がブラック企業だった→体や心を壊して退社→もはや働ける状態ではない、というのが代表的パターンかと思いますが、その他にも色々なパターンが存在します。

例えば…辞めさせてくれないパターン。

もはや愛想が尽きて辞めたいと言っているのに、「今、君に辞められたら困るから。」という勝手な都合で中々辞めさせてもらえない困ったちゃんな会社が世の中には多数存在します。愛想が尽きている=その会社でもう働きたくない、と思っている人間を辞めさせない鬼会社。基本、中小企業って万年人手不足ですから、こういう辞めたいと言っている人間を辞めさせないところって多いです。ツライっすよ、こんな会社で働くと。

あとは、転職活動を行おうにも有給が取れないとか面接に行けないという会社も多いでしょう。僕もまずはとにかく辞める、というところから転職活動をスタートさせました。

とにかく辞める=無職ってことですけど、これって面接の時の枷になるんですよね~。

どういうことか。

面接って、ある意味駆け引きなんです。

面接官「うちの条件はコレです。この条件で働きたいと思いますか?」
自分「●●●。」←ここでなんと答えるかがキモ。

先に仕事を辞めてしまって職がない状態だと、「ヤバい!採用と言って欲しい!」みたいな祈るようなお願いするような気持ちが出てきます。そうすると立ち位置的に面接をする会社が自分より上になってしまうんで、有利な条件を引っ張り出せないんですよねぇ。

有利な条件を引っ張り出したいなら、今の会社で働きつつ、「これぐらいの条件ならば移りましょう。」という強気スタンスでないとダメです。

それが就職や転職に失敗してクソみたいな会社に入ると出来なくなっちゃうんですよねぇ~。そうすると僕みたいに非正規雇用からスタートみたいな足元を見られた採用とかになっちゃうわけですよ。僕が転職活動をしていた当時にも正社員として採用されるルートもあったっぽいんですけどね。まぁ…当然、倍率は高いでしょうけど。

今は正社員ですが、スタートがマイナスだったので、身分は平も平、超絶平社員です(笑)

25で初めて社会に出て働いて、運悪くそこがブラック企業で未だにその余波を食らっている俺。マジで就職先って人生を左右するよね。あ~ぁ、ブラック企業なんてこの世から無くなればいいのに…。←現実は増えていく一方でしょう。。。会社選びは慎重に。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-転職のキッカケと動機

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.