不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

不動産屋を開業・独立するなら…。僕が目指す会社のイメージ。

      2017/04/29

不動産屋の社長

不動産業という括りで話しをしていると独立開業の話しに発展しやすい気がする。やはりこの業界で働く人は独立心旺盛な人が多いんだろうね。

僕自身は独立して一国一城の主になりたいとは思っていないのだが、もし僕が不動産屋を開業するならば、こういう会社を目指すだろうな…という理想像は持ってる。←実はこれを述べることが独立を目指す人のすげぇ役に立つのではないか、と思ったので今回の記事を書くことにした。

潰れる不動産屋

僕が改めて言うまでもなく、潰れていく不動産屋は多い。気合と根性で会社経営というのはどうにかなるものではないのだ。かつてはそれでもどうにかなったのかもしれないが、今は気合と根性だけで会社が回っていく時代ではないと思う。厳しいのよ、現実は。

っちゅうことで、独立開業したい人は、どうすれば「潰れない。」のか、徹底的に考えるべきかと。

僕の理想とする会社もその考えからスタートしている。というかモデルはとある地域密着型経営の実在する不動産屋なんだけどね。約40年その地で商売しているみたいだけど、揺るぎない地位を築きつつある凄い不動産会社です。この会社、多店舗展開はしておらず、この1店舗しかないけどマジで地に足着いた営業をしてるなぁ~と感心します。潰れるイメージができない。

特定はされたくないので、言えるところだけ書くけど、まず代表がしっかりしてますわ。マンションの理事やってる、持ってる資格が凄い(宅建士、税理士、行政書士、FP、不動産コンサルティングマスター等)、地域密着を謳うだけあって実際に自分がそこに住んでるなどなど。

よく営業力さえあれば不動産屋ってやっていけるんでしょ?的な甘い考えをしてる人がいますけど、会社経営って営業力だけじゃ成り立たないと思ってます。勿論、営業力はあるに越したことはないけど、他にも沢山必要なスキルがあるよね。本当に勢いだけで新しい不動産屋を開業しない方が良いと思うんだけど…(^_^;)

その点、ここの代表は営業力は勿論のこと、それを際立たせるための行動と言葉の伴いっぷりがヤバいっすね。

最難関と言われるような資格はお持ちではないですけど、宅建、税理士、行政書士、FPの資格を持ってることで不動産に関する大方の問い合わせに答えられますからね。ご自身で不動産の税金対策セミナーとかを隔月ペースぐらいでやってますけど凄い役に立つ内容になってるでしょうねw 何せキャリアが長いのと、自分の目でその地を40年も観察してきてるんですから誰よりも詳しいハズです。きっと代表の言葉は先見の明に満ちた金言でしょうな。

僕個人的に実際に紹介しようとしているその町に実際に住んでるっていうのが超高ポイントです。

えっ?そんなの当たり前じゃない?と思う貴方は立派です。世の中には自分は全然別の場所に住んでるのに、「この町は住みやすいですよ~」みたいなアホくさセールストークを使う営業マンが多いんです。いやいやいや、住みやすいならお前この町に住めよ!的な(^_^;)

不動産投資勧誘

不動産投資勧誘とかも一緒です。

「不動産投資に興味のある貴方様だけに美味しいお話しをお持ちしました。」←いやいやいや、俺のことはいいから美味しい思いができるなら全財産叩いて自分で買えよ!みたいなw

マジで僕は埼玉に住んでるのに東京の家を売ろうとしているセールスマンを信用できない。東京の家が良いと思うならまずはお前が東京に住めよ、と言いたい。行動と言葉が伴ってないとはこの事だな…と思うわけであります。実際に自分がその地に住んでみて、他人様に勧められるような良い場所と思ったから勧める、ということを徹底するのって相当な覚悟が必要です。でも、地域密着を謳うなら、そこまでやるべきでしょ?と僕は思う。

行動と言動が一致している。僕は商売をする上でここはブラしてはならない急所だと思ってます。人を観察するときも行動と言動が一致しているか?ということをチェックするようにしていますし。と、まぁ、理想の不動産屋像ってこんな感じだな…と思ってるわけです。この僕の理想だと思っている会社はメインの売り上げが売買仲介ですけど、賃貸仲介もやってますし、賃貸管理もやってます。流石、売上構成は磐石そう。

しかも家族経営。元々銀行で働いていたオッちゃんを引き抜いてきてますが、社員はほとんど女性。その中に代表の娘さんも含まれてます。当たり前ですが皆さん宅建は持ってますし、それぞれFPやらコンサルティングマスターやらの資格を持ってます。最強軍団か?(^_^;)

よくここまで徹底できるな、怖くないのかな?もしダメだったら家族離散だぜ?という怯える気持ちが僕なんかは出てきてしまいますが、強い気持ち、折れない気持ちでここの代表は会社経営してますね。流石です。これが、僕が理想とする不動産会社像。地域からなくてはならない会社ということで必要とされていますし、今後もその地位は揺るぎないことでしょう。この会社のことを思うたびに僕は気が引き締まる思いがするのです。

まだまだ僕も頑張ります(笑)

 - 不動産屋の独立・開業