不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

持つべきものは友人か。社員紹介という素晴らしい制度。

   

売買仲介で年間仲介手数料収入が7000万だった先輩には、「一緒に会社始めない?」とか「うちの会社で働かない?」と言った声が数多く掛かっているようだった。ハウスメーカーからも非常に可愛がられて、しょっちゅう過激な接待を受けてるし、上記のようなヘッドハンティング的な話は頻繁に舞い込んでくるし、すごいな〜と思うと同時に羨ましく思った。

皆が皆、この人のようなトップセールスマンだったらならば就職や転職に悩む人なんていないのだろうが現実はそんなに甘くはない。僕もオープンハウスで出会った生命保険の部長さんとプライベートで出会ったマルチネットワークの人からセールスマンにならないか?というオファーを受けたことはあるが本当に数えるほどしかないし「転職」には非常に頭を悩ませてきたクチである(^_^;)

圧倒するような成績は残してはなくとも、働きぶりや仕事の姿勢が評価されて優良企業への扉が開かれる、何てことがあったらいいのになぁ〜と常々思っていたわけだが、最近になって、そういう制度あるやん。ということにふと気づいた。

それこそが社員紹介制度である。

社員紹介制度

うちの会社も社員紹介制度を活用しており、既存社員の友人・知人が正社員として入社してくる光景は珍しくない。この制度、個人的にはいいな〜と思うわけである。まさに働きぶりや仕事の姿勢が認められて転職するチャンスが増えるという意味で。

自分の友人・知人を紹介する以上は変な人間は紹介できないでしょ。だって、その後の自分の評価にも多少関係してきそうじゃん? 変な輩を紹介したのはアイツだな、とか陰口叩かれたら嫌だし、自分なりのフィルターを通してマトモな人だけを紹介するよね、きっと。

転職っていうとエージェントとか業界特化型の人材紹介会社に頼るってイメージを持ちがちだけど、案外今まで一緒に働いたことがある同僚から有難いお話をもらえることってあるかもしれませんよ? ということで、こいつはグズだな、とか使えないヤツだな、と思われないようある程度頑張ってお仕事しなければなりませんなw

僕はこういうコネとか紹介は一切活用せずに社会人生活を送ってきたので、そういう「元同僚なんだよ」とか「20の頃同じ消費者金融で働いててさ〜」なんて仲間意識が強い人たちを見ると少し羨ましくなったりしますね。誰にも頼らず自分の判断で生きてくというのは大事なことではあると思いますが、同じ境遇の仲間がいるというのは… いいよね、辛い時も頑張れる気がする。

まぁ、そうは言いますけど僕も全くの孤独というわけではなく、社外にそういう意識を共有出来る仲間はいますよ(^_^;) ただ、社内はちょっと浮いてる気がしますね(苦笑) まぁ、元パチプロなんてこんなもんでしょうw くくりとしては変人的なw

…さてさて、どうでしょう。

もし、今の仕事を続けることに迷ってるならば、昔一緒に働いたことがある人間に久しぶりにコンタクトを取ってみては? 実は元同僚がかなりいい会社に転職していて、自分のことを紹介してくれるかもしれませんよ?※ちなみに紹介といっても100%入社できるわけではありませんし通常通りの選考はあります。ただ書類落ちとかは流石にないんじゃないかな。

 - 管理人リョウタのつぶやき