不動産業界の転職裏情報

不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

*

宅建持ってる人間のその後。退職後の経歴を追ってみた。

      2017/07/31

久しぶりにコンタクト(接触)

先日、ウチの会社を衝動的に辞めていった人間とコンタクトを取る機会がありました(別にこちらは接触を望んでいなかったのでアクシンデントとも言うw)

その人は契約社員で「長く勤めてても正社員になれないなら辞める!」といった感じで去年行われた正社員登用試験の合格者リストから洩れたことが分かった瞬間にキッパリスッパリ後先考えずに辞めていきました。

しばらく休む、とか言ってたけど大丈夫かなぁ。マジで後先考えずに辞めていったからなぁ~、でも、あの人、宅建は持ってるから流石に働き口が見つからないなんてことはないよなぁ…なんて思っていたんですが…

どうやら良い職場には巡り合えていないようです(;^_^A

正確には辞めた会社に比べて会社規模が1/20ぐらいの不動産会社に正社員として入社したらしいんだけど忙し過ぎるからもう辞めようかな~と考えているらしい(苦笑) …ハハ、まだ入社して3か月経ってねぇぞw 大丈夫かオイ。

いいですか?

宅建を持っていてもこんなもんなんですよ。宅建持ってても、すぐに辞めたくなるような酷い不動産会社しか入社できないというのが現実なの。誰もが入社したい!と思うような会社は宅建持ってても過酷な競争に勝ち抜かなければ書類審査とか面接で落とされるし縁なんてないわけ。

後先考えずに行動するのは止めときましょう。不愉快なことがあってもグッと堪えてチャンスを待ちましょう。5年10年というスパンで取り返すんだ!という強い意志を持って生きていきましょう。

僕も気に入らないことばかり起きて腹を立てるときもありますが、その度にグッと堪えて「今に見てろよ、この野郎。」というナニクソ根性で頑張ってますよ。

つまりは… 短気は損気ってこと。感情を押さえつけるスキルは社会人に必須だと思いますよ。 知らないけど。

 - 宅建