不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

管理人リョウタのつぶやき

難関資格を持ってる人が更に…

投稿日:2017年8月22日 更新日:

むかーし、共に行動をしたことがある人が今何をやっているのか気になったので、その人の名前を検索してみました。

彼は大学卒業とともに難関資格と言われる公認会計士の資格を取得し、そのまま大手監査法人に入社して20代で1000万稼いでました。

彼と出会ったのは…確か27才の時。ちなみに同い年。共に行動したことがある、と言いましたが、ぶっちゃけてしまうと自己啓発系のセミナーで仲良くなって、その後、一緒にマルチの集会に顔を出したりしたことが数回あるって感じで「もっと金稼ぎたい!」という若者にありがちな欲望が互いにそっくりで意気投合した感じです(^_^;)

その頃の僕は小さな不動産仲介に勤めておりましたが公認会計士の彼に比べると涙目になってしまうほど低収入で稼ぎたい気持ちは尚更強かったですネ(;^_^A

当時のマルチの世界ではN社の評判がうなぎのぼりで、それはそれは凄い盛り上がりを見せていたのですが、公認会計士だった彼が唐突に大手監査法人を辞めてしまったんですよ。年収1000万円オーバーなのにΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

ちなみに以降のN社の株価、4年前くらいに株価MAXなんやな('◇') 最低のときに比べて10倍位いってそう。

幾社もの業績と会計に目を通してきた彼にとってもN社の業績と財務の健全性は驚異的だったみたいで、黒を白と言わないといけない公認会計士なんか辞めてN社専任のディストリビューターになって成功してやるぜ〜っと息巻いてました。ちなみに彼は1億近い家を買ったばかり…、俺には真似できそうにない変人的行動力です(苦笑)

で、彼が専任のディストリビューターになったということまでは知ってるんですが、以降どんなことをしていたのか会ってないので分かりません。僕はいかにN社が優れていようが専任のディストリビューター(=セールスマンみたいなもの)になるのはゴメンだったし、そこまでN社の発展を確信していたわけでもなかったので、その後はマルチとは全く別なことに首を突っ込んでました。

N社の専任ディストリビューターになった彼は月に20万くらいは稼ぐようになったのかなぁ?数万円稼いでいた先輩を軽く追い越した、とは風の噂で聞いていたけどMAXどこまで辿り着いたのかは分からない。月に300万とか500万とか稼ぐディストリビューターを神のように崇め賞賛するのがマルチの世界ですが、あの頃のN社はそんな人たちがゴロゴロいましたねぇ。実際に僕らのアップは月収1000万円超えてるオッサンでしたし。

まぁ、色々ありましたが、ディストリビューターと横文字で書くから分かりにくいだけであって、やってることは保険代理店とそう大きくは変わりません。

新規ユーザーを獲得すれば、その人が商品を使ってくれる度に自分に報酬が入ってくるのです。保険は更新するたびにお金入ってくるべ?ということで最初に頑張れば、その後は働かなくとも金が入ってくる、所謂【不労所得】になるよ〜的な口上がマルチ勧誘の常套文句なんですが、実際はそんなことありません。

最初に頑張って収入が増やせたとしても、それに満足して胡座をかいていたならば確実に収入は減ります。ユーザーは定期的にフォローされなければ消費してくれませんから。保険代理店で考えてみましょう。

最初に頑張って新規加入者を増やす→保険会社からのキックバックで潤う→その後、新規勧誘をサボる。解約者がポツポツと出て契約数が減っていく→更新者も少なくなり保険会社からのキックバックも少なくなる。

当然ですよね。サボってたら枯れていくんです、ビジネスというものは。

当時からマルチの収入が不労所得と語られるのに違和感を感じていた僕ですが、あれから10年近く経った今、改めて調査してみたところ、不労所得ではないという僕の考えが合っていたことを確信しましたよね。

だって、今も残ってる人ほぼいないもん。つまり収入は枯れていくってことだよね。専任のディストリビューターになるって言ってた彼もどうだか…。

むしろ名前で検索してみたら公認会計士の他に新たに税理士の資格を取って、中小企業向けの税務・会計サービスを提供してるみたいだし(^_^;) 元の仕事に戻ってるじゃねーかwww

どうなんだろう。

彼は大手監査法人に勤め続けていた方が今の収入より多くを貰えていたんじゃないかなぁ。N社に人生を賭けて、わざわざアメリカ本社まで視察に行ってきたらしい彼だけど、今もN社のディストリビューターとして活動しているのかなぁ…。外からは分からないな。

ただ、ずーっと会社員として働いてきた人よりか、マルチの経験がある彼の話しの方が響くものがありそうだ。中小企業オーナーにとってはいい会計士さん&税理士さんなんじゃないかな。

あの頃の僕らはメッチャ稼ぎたい!億稼ぎたい!と躍起になってたけど、数年経つとどうなるか全く分かんないもんなんだな〜。彼は今も億稼ぎたいと思ってるんだろうか。それとも奥さんに頼むから安定した仕事をしてくれと言われて今の税理士・会計士というポジションに行き着いたのだろうか。

そして、僕はどうだろう。

稼ぎたいという気持ちは薄れてはいないが、興味があること&好きなことで生計を立てたいという気持ちが勝ってきたように思う。好きなことを追うべきなのか、それとも稼ぐためにビジネスライクな姿勢を貫くべきなのか。

長くなってしまったので、次回以降、それを考えてみたい。

ではでは。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-管理人リョウタのつぶやき

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.