不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産よくある話

えっ?!お昼の休憩なんてあるの?大手不動産会社(事務)で驚いたこと。

投稿日:2014年10月23日 更新日:

昔、個人相手の営業マンをしていた頃、昼メシなんてものは流し込むようにして食ったもんです(遠い目)

お客さんにとってみれば、営業マンが昼メシとか休みとか関係なくてすぐに対応して欲しいでしょうし、ゆっくり飯なんて食ってる余裕なんてなかったのです。

ところが営業という仕事に疲れて、ちょいと一休みってなわけじゃないが事務系の仕事に職種変更したら昼休みをきっかり1時間取れるわけです。これに感動したのは僕だけじゃないです。

元々個人相手のリフォーム屋さんに勤めていた女性も同じこと(きっかり1時間休憩が取れる)に感動していました(笑)

この気持ちを分かち合えたときの喜びは言葉には言い表せないほどです(笑)

本当に5分とかで菓子パンとかおにぎりを頬張って、もう一踏ん張り頑張るかー!なんて気合を出していた頃が懐かしい。。。

個人相手の商売はどこかの会社がサービスで差をつけようと年中無休で営業しますと宣言すれば、その会社のライバルも争うようにして年中無休の営業にしたりします。それは個人消費者の気持ちは非常に移り気で、サービスが良い方へすぐ流れていってしまうから仕方ありません。

どこかの会社はいつ連絡してもすぐに対応してくれると聞けば、それに負けないよう対応を改めるしかないわけです。だから、僕は金輪際、個人相手の営業をやりたくないのです。サービスがどんどん過剰になりますから(^_^;)

顧客が求めていないほどに。

営業マンだけが疲弊していき、移り気な顧客に振り回されて、大して売上も伸びない。

そんな営業マンにとっては苦痛でしかない未来しかありません。

昔から同じ職場の人間と「顧客から欲しい欲しいと群がってくるような殿様商売してぇなー」とよく冗談で言い合ってます。

欲しいなら売って差し上げますよ?なんて言ってみてー!!なんてアホなことをよく話してました。

殿様商売なら休憩とかしても文句言われないのになぁ…。BtoCのお仕事をなされている皆さん、今日もお疲れ様です!

僕は給料が多少減っても、人間らしく働ける職場で働けて、昔に比べればストレスはなくなりました。

オーストラリアでは皆が週末のレジャーのことばかり考えているから営業時間過ぎたら顧客の対応はしない、残業も基本しないみたいなスタイルで仕事してますけど、そういう生き方に正直憧れまする!

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産よくある話
-, , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.