不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

会社員でいることのメリット

目からウロコ?!会社勤めのメリットを復習してみましょう!

投稿日:2017年10月7日 更新日:

独立心旺盛な不動産業界の人

おそらく不動産業界で働く人たちは独立心が旺盛な人が多いハズ。実際に独立してる人も多いしね!

今回はそんな力を付けて独立やぁ!と燃えてる人に向けて冷水を浴びせかけるようなサラリーマンを称賛する記事を書いていきたいと思う。(FPの試験勉強をする中で学んだ知識も盛り込んでます!これが知識のアウトプットやで!)

目からウロコが落ちるかもしれんから、ちょっと最後まで目を通してみてや!

会社に勤めるメリット1 給料、厚生年金、信用力

お給料

まず、会社勤めのメリット ナンバーワンに挙げたいのは「給料」です。

こんなことを言ったら叱られちゃいますが、普通の勤め人は会社に行くだけでお給料が貰えます(フルコミの仕事を除く) 自分のやるべき仕事があって、それをそつなくこなすだけで安定したお給料が貰える、この有り難みたるや…(`・д´・;)ゴクリ

元プータローの僕は自分で稼ぎに行かずとも真面目に出社して与えられた仕事をこなすだけで給料が貰える会社員という立場に今更ながら感動しております!まぁ、厳しい売上ノルマを課された営業という仕事もありますが…、僕は今、サービスを提供する部門には属しているものの非営業部門なので凄く会社勤めの有り難さというものを感じてます。

厚生年金

で、給料意外に着目したいのが「厚生年金」ですね。

会社員として働く人は通常、厚生年金に加入するわけですが、これがまた有難い!

自営業の場合、国民年金に加入することになり、40年間年金を納めると65歳から年間78万程度の老齢基礎年金を貰えるわけですが、会社員の場合はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金も貰えます!ここが凄い差なんです!会社が厚生年金保険料を半分負担してくれる、というのがミソですね。

社会的信用力

次は安定した給料に伴う「社会的信用力」です!

僕の友人に自営業で15年間ネット関係の仕事をやってる人間がいますが、僕よりよほど稼いでるにも関わらず、オフィスや自分の住む場所を借りる際に悉く苦労してます(~_~;) 最近は会社組織にしたみたいで多少の信用力が付いてきたみたいですが、まだまだ会社員に比べて下に見られることが多いみたいです。

住宅ローンとかを借りるにしても、自営業より会社員の人が審査に通りやすいですもんね。一番強いのは公務員ですけど(^_^;)

この社会的信用力、普段はあまり意識せずに生きてますけど、自営業(個人経営)の人と比べると会社員というのは非常に恵まれてるなぁ!と思うわけであります。勤めている会社が潰れない限り、会社員ならば安定した給料が貰えるはず!というのが世間一般的な判断基準であり、会社員はこの視点で見ると相当な恩恵を受けていることが分かります。

会社に勤めるメリット2 個人じゃあ携われないBIGな事業に携われる。

この前、TVを見ていて思いました。

コンバージョン

それは、ある会社の事業を紹介する番組だったんですが、その会社では使わなくなった古い建物(元々は銀行が入ってたとか製造業を営む会社が入ってた)をコンバージョンして、ホテルにして貸し出すといった事業を行っているようでした。

オフィスビルをマンションやホテルに転用するコンバージョンは、かなり特殊なノウハウが必要とされる事業だと思いますが、何よりも相当な資本が必要なように思います。その会社は地方の建物にも果敢に手を出している様子だったのですが、転用が上手く行かないリスクを背負い、尚且つ大量の金を投じて挑むその勇敢さに心震えましたね。

個人レベルで似たようなこと(ex.古い家屋を買ってDIYで直して賃貸する)をやってる人の番組も以前見た事がありますが、やはり個人と会社組織では規模感、ダイナミックさが全然違います。

事業を継続する中で、徐々に社会的信用力や知名度を得てきたからこそ、スケールが大きくなってきたわけですが、こんな会社で働いてみたい!と素直に思いましたね。(個人で物件を購入してDIYして貸し出しをするという人とも膝を突き合わせて話を聞いてみたいですが…)

個人で億単位の案件に携わるのは容易ではありません。僕なんか10万単位の出費にヒイヒイ言ってますよ(^_^;)

ということで億単位のBIGな案件に携われる経験というのは会社勤めの大きなメリットと言えるんじゃないかな~と思ったわけであります。まぁ、勤め先の事業内容によりますけどね。とりあえずビッグディールに携われるのは素晴らしい経験だ!!

会社に勤めるメリット3 ありがちだけど福利厚生

福利厚生

福利厚生と言っても社会保険のような法律によって使用者に実施が義務付けられたものだけではありません。(法定福利厚生も勿論デカイ、でもそれはメリット1で言及済)

具体的に挙げるならば「住宅手当や家賃補助」、「会社が所有もしくは契約している余暇施設を安く利用できる」、「社員食堂」、「財形貯蓄」、「資格取得や自己啓発のバックアップ」とかですね。

まぁ、僕が働く会社にはまともな住宅手当はありませんけどね~(苦笑) けど、資格取得はお祝い金を出すなど支援してもらってますし、余暇施設も年間に数回利用させてもらってます。本当に有難いものです。

…ということで無理矢理3つにまとめてみました!

会社勤めのメリット

1.給料と厚生年金と社会的信用力

2.個人では携われないBIG案件に携わるチャンスがある

3.労働者として様々な福利厚生(法定外)の恩恵を受けられる

そんな感じですね! 独立して一国一城の主になるのもいいですが会社員も悪くないですね!なので、独立だけでなく、より良い条件を求めて転職というのも選択肢として大いにアリ!だと思いますよ!

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-会社員でいることのメリット

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.