不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

新規事業アイデア

英語か中国語が喋れて旅やイベント好きな人、いないもんかねぇ。

投稿日:

おっす!リョウタです。

従兄弟がやってるお店のHPを作りたい

従兄弟がやってるお店のHPを作ってみたいな~、飲食店ってどれぐらいアクセスが来るんだろう?こういう切り口でお店や店主の紹介ページを作ったら来店率がメチャ上がりそうだよな~というアイデアをずーっと温めてるのですが資格勉強でいっぱいいっぱいのため中々実行に移れません…(^_^;)

そんなこんなで形になることなく風化していくアイデアが結構あります…。僕が割り当てることができる意識や時間などのリソースは限られてますので優先順位が高いものからボチボチこなしてくしかないのですが、面白くなりそうなアイデアが風化していくのをただ看過するのも何だかな~と思ったり。

ということで風化する前になんとか形にしたいアイデアを一つ提供。不動産よりか観光・旅行業界につながる話しですけど。

このアイデアを実行するに適してる人は英語か中国語が喋れて旅やイベントが好きな人です。うちの会社にもバイリンガルの人が結構いるのでその人たちに声を掛ければ一気に実現するのかもしれませんが、社内の人間を口説くのも嫌だな~と思い、声は掛けてません(^_^;)

このアイデアを思いついたキッカケは僕が「雛人形の町を特集したこと」でした。

僕は日本の方に向けてその特集を発信したのですが、大学時代の友人二人から国内でなく国外に向けてそういう情報は発信しろよ(英語や中国語でやれ!)と言われましてハッと気付いたわけです。た、たしかに訪日外国人は2016年に2000万人を超え、今後も増加することが予想されるため彼らを相手に商売が出来たら熱いじゃねぇか!と。一時話題になった「爆買い」は収まってしまいましたが、それでもわざわざ日本まで来た彼らの消費意欲は日本人の比ではない、こちらからの提案次第ではめっちゃ金を使ってくれるぞ、と思うわけです。

日本人の感性に合わず不人気・タダ同然のキワモノ着物が外国に持っていけばバンバン売れたりするんです。招き猫が沢山あってカワイイ!とSNSから人気に火が付いた豪徳寺とか、日本人ではなく外国の方にぶっ刺さるコンテンツってまだまだ存在すると思うんです。そう、まるで発掘されるのを待つ金鉱のように…( ̄ー ̄)ニヤリ

何が外国の方にウケるのか…。←ここがキーポイントになるわけですが日本好きの外国人に聞いてみればいいわけです。日本の何が今人気ですか?流行ってますか?と。

骨董市や古着物市とかに連れていってあげるツアーとか手堅くヒットを狙えそうじゃないですか。●●市のように常時開催されているわけではないイベントに連れていってあげれば今しか買えないシチュエーションも作用して消費意欲がますますUPすること間違いなしです^^

多分ですが東京オリンピックまでは訪日外国人は右肩上がりで増えます。そしてオリンピック以降もガクンと減ることはないでしょう。

日本好きの外国人が僕が今考えているようなこと(日本の観光地・サービス・商品を英語や中国語で紹介)をやってるかもしれませんが現実に日本に住んでいる我々には地の利があるわけで私たちが英語や中国語で情報を発信することができれば海外居住の人たちには発信頻度や質で負けることはないでしょう。

グーグル翻訳を使えば、英語や中国語に堪能ではない僕でも上記アイデアを実行に移すことはできるのですが、不慣れなことも多く時間が掛かり過ぎるため、英語や中国語を自在に操れる人がやった方がよほど効率的です。事業と呼べるまでに売上規模が育つにはある程度の期間を要すると思いますがインバウンドの恐ろしいほどの伸びとSNSの存在を考えればワンチャンどころかツーチャンぐらいにすぐ軌道に乗る可能性もあるように思います。

ちなみにこれは日本から海外の人に向けての発信ですが、海外の商品や情報を日本の方に向けて発信することならば僕も複数回経験してきてます。海外から日本に商品を持ってきて売るだけで稼げることはよくあることですし、爆発的とは言えませんが根強い支持をいただけてるサービスも実際にあります。(それらはグーグル翻訳を使い頑張って自分で作りました…orz)

海外→日本が上手くいくんですから日本→海外もきっと上手くでしょう。ってか輸入するか輸出するかの違いだけですし。

訪日外国人が増えることを好ましく思わない人もいるでしょう。僕も外人さんばかりの観光地に訪れたとき微妙な気持ち(何処ここ、異国?みたいに)になるときはあります。ただ経済面から見ればメリットの方が圧倒的に多いので、個人的にこの流れに上手く乗ることができればかなりの財を築くことができるのではないかな~と思います。

さて、何か色々なことを言っちゃいましたが、話しをまとめるとこうです。

訪日外国人のためにウケそうなネタを英語か中国語で発信したい。観光客が押し寄せる事態を意図的に作り出したい。

そのために日本のどんな場所やサービス、物が流行っているのか外国の方にリサーチしたい。その人たちに代わり、自分らでそれを経験してみて一時情報を発信する。これを地道に継続して日本に訪れる外国人が好んで閲覧するメディアになるまで育てたい。

上手くいったら地方公共団体や旅行会社からの問い合わせが殺到するな…( ̄ー ̄)ニヤリ

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-新規事業アイデア

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.