不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産会社の選び方

英語が必須の不動産のお仕事!

投稿日:2014年6月10日 更新日:

英語が必須の不動産の仕事なんてあるのか。

特色がないと言ってしまうと失礼な話になってしまうが普通の不動産会社では英語を使う機会なんて殆どない。だって、お客さんのほとんどは日本人だから…。

 

英語が話せるスキルが必要な不動産のお仕事といえば、外資系企業に勤めている外国人に部屋を紹介する仕事であろうか。

丸の内やら赤坂やら麻布やら、東京の超都心部には海外から来たエリートサラリーマンがいっぱいいてそういうハイクラスの人たちを対象にサービスをすることになる。

 

これは一般の日本語しか使わない不動産業に比べて参入障壁が高いので、後から後から新しい会社が参入してくるような商売ではないので、ポッと出の会社に脅かされることもなく、安定してるといえば安定している会社だと思われる。

後は以前、私がいた会社には外資系の会社の社宅を扱う部署があって、そこは英会話力は必須だった。

帰国子女ばかりが集まっている部署でたしか英語ができることにより、手当も出ていたはず。

 

しかも宅建の資格手当よりも多くもらっていたはずだ。といっても数千円というレベルであるが。※エキスパートは3万円の資格手当があった。

何にしても英語力を必要とする不動産の仕事は、東京に集中しているのでそういった仕事を求める人たちは東京に来よう。

もしくはそういったニーズのある知人友人が多いなら自身で立ち上げるのもいいかもしれない。

 

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産会社の選び方
-, ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.