不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産よくある話

大家さん…、敷金返してください。。。

投稿日:2015年1月10日 更新日:

ズバリ言いましょう。関西圏はヤバいです。あと四国(笑)

敷金返ってこない率が半端ないっ!それに比べると都内はもう天国ですネ、東京ルール様様です。ほとんどの大家さんが従順♡

さて、昨今の人口減少からも想像していただきやすいと思いますが、今誰も住んでないアパートやマンションというのは日本中に溢れています。

つまり、借り手は空いている中から一番良い条件の部屋を選べばいいし、悩むような条件ならば貸主に対して家賃安くならない?エアコンつけてくれない?って交渉しても言い訳ですよ。

逆に大家さん側としては物件が空室になっているよりかは埋まっている方がもちろんいいですから、家賃を下げたりエアコンをつけたり、ウォシュレットをつけてあげたりで何とか入居者を確保しないと賃貸経営がままならない状況なわけです。

この流れは物件から出て行くときも変わらなくて、大家さんが負担しないといけない費用というのは確実に多くなってきてます。

借主が毎月払っている家賃の中に家をリフォームする費用が含まれているんだよって考えが明確化してきたのが理由ですね。そりゃあ、人が住んで暮らしていれば多少は汚れますし、痛みします。

なので契約書に特別にクリーニング費用は借主負担と書いていなければそもそも借主は払わなくてもいいわけですよ。※常識的な使い方をしていたします(^◇^;) 汚しまくってた人はダメですよ(笑)

6年(72ヶ月)住めば、壁紙や柔らかい床材(クッションフロア)なども償却済資産ということで張り替えるとしても借主は負担しなくてもいいと言われているんです。

 

まぁ、こういう考え方を超絶的に無視して過剰に費用を請求してくる方が多いのが冒頭で言ったように関西圏(京都、滋賀、大阪、三重)には多いわけですよ。

あとは会社が多い愛知もヤバい。

 

まぁ、ある意味で国土交通省の解約精算ガイドラインには強制力はないので、大家さんは自分の信念に従って好きなように主張してくれていいんですが、物件を借りていた側としては一般的とされる水準で精算をしたいですよね。普通よりも多くリフォーム費用を取られたなんて笑えないもんね。

それでも強情っぱりな大家さんは意見を変えないでしょう。敷金は返さない、追加で払えと言ってきたりする方もいるでしょう。

 

それが不当だと思うなら借主としてやることは3つに分かれます。

  • 1段階目 大家さんと徹底的に話し合う。
  • 2段階目 内容証明を送る
  • 3段階目 弁護士に頼んで少額訴訟する。

 

最初の大家さんと徹底的に話し合うって大事です。ガンガン主張しましょう。

正しい知識が必要となるので、ここからガイドラインをダウンロードして目を通しましょう。

 

2段階目の内容証明はいわば脅しです。金返さないと訴訟するよ?みたいな。

これでビビって返金してくる大家も一定数います。

3段階目は金も掛かるし、本来はここまでは進みたくない最終ステージ。

でも、大家が間違った考えの下、あくまでも敷金は返さないというのであれば裁判も仕方ないでしょう。

 

少額訴訟に素直に応じるのであれば費用は数万で済む場合もありますが、素直に応じない場合は正式な裁判に移行するため、裁判費用は高くなります。リーズナブルな価格でやってくれる弁護士さんを是非探しましょう。

正式な裁判まで行ったら流石に判決結果に従うと思いますが、悪意のある大家さんとか意図的に金を返さないみたいな人もいますからねぇ。。。

 

そういう人の持っている物件に入居しないようくれぐれも気をつけたいもんです。

転職の悩みはココで解決!

裏口入社 1
同業他社ではなく未経験分野にいい会社を見つけた彼の話し。

不動産業界で働いている人は転職先も不動産会社と考え ...

2
ブラック企業ばかりの不動産会社。評判・口コミを皆で集めて企業白書を作ろう!

不動産会社には就労環境がマトモじゃない、いわゆるブ ...

3
不動産業界の優良企業、評判や口コミを調べてみた!

皆さんはどうやって転職先の評判を調べますか? 年収 ...

-不動産よくある話
-, , , ,

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.