不動産業界経験10年の管理人リョウタが年収アップや休み倍増を実現した転職方法を語ります^^

不動産業界の転職裏情報

不動産業界の転職裏情報 管理人のプロフィールとか

不動産リョウタ

どうも、不動産業界の転職裏情報 管理人のリョウタです。

誰か知りたい人いるの?と思いつつプロフィールやらこのブログを始めたキッカケなどを書いておきます(;^_^A

何か一つでも共感してもらえるようなエピソードがあれば”つながり”みたいなものを感じてもらえると思うのでうれしいですね。まぁ、変人カテゴリーに属する人間なんで共感できることは少ないかもしれませんが…

年齢とか出身とか

出身はバーチーです。

見渡すかぎり田んぼのド田舎出身です。ヤンキー多いです。輩が多いので成人式や同窓会には全く顔を出しません(^_^;) この前も同窓会参加のお誘いがあったけど華麗にスルーしておきましたw

年齢は松坂世代です。彼の一歳下です。歯医者になりたいと思いつつ高校に行きましたが、大学は全く歯学に関係のないところに行きました。←俺の迷走癖はここからか…

不動産関係の経歴、あと取得した資格とか

就職は25過ぎです。←もう、あんまり言うつもりもありませんが大学在学中から、とある機械と対面するお商売にハマってしまい卒業後もそれonlyで3年生計を立ててました。偏見を持たれるのでこのエピソードはもう深くは語らないつもりです…(;^_^A

最近、職場で大学在学中に牌を扱うお商売にハマって中退した人間を知り、人知れず彼に共感してます…。

不動産の仕事を選んだのは…

この本の影響ですね。
↓↓

不動産投資を現場で学びつつ、しゃべりに自信がなかったので営業として働きコミュニケーション能力を高めようと思ったので一番最初に採用と言ってくれた不動産仲介会社で働くことにしました。(年収ダダ下がりだったけどね!)

全く縁もゆかりもない街で営業として働き始めましたが… やっぱりしんどかったですね(^_^;)

不動産の営業マンに求められるものとして人間性は勿論あると思いますが、その地域ならではのコアな話しが出来るかどうかって言うのも相当大きいと思うんですよ。その点において僕は地元出身の人間の足元にも及ばずダメ営業マンでした…。

自分自身、そのエリアに住むようになり数年してようやく…って感じでした。まぁ、それでも地元出身の人間には敵いませんでしたが…。賃貸仲介・管理で4年、売買仲介で2年ほど経験を積んでその会社は退社。有給消化なんて概念は存在せず、また退職金もなかったので働く会社はきちんと選ぶべきだな…と強く思いました。←これがこのブログを始めた動機です。

これまでに取得した不動産関連の資格

宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士、1級FP技能士

宅建は働き始めて1回目の試験、平成19年度で取りました。それから数年は一切資格は取ってません。←実務に追われ、勉強するような時間は一切ありませんでした…(^_^;) 週一休み、夜中22時まで拘束されるような仕事では無理…。

管業は職場の人に「一緒に受けようぜ~」と誘われたので、何となく受けてみました。今、資格試験が楽しいと思えているのは、誘ってくれたこの人のおかげかな…と感謝してます。今の仕事はオンオフの切り替えがきちんと出来ますので勉強がしやすい環境です、今のうちに勉強に励もうと思います。

宅建と管業とマン管を不動産資格の三冠と呼ぶみたいですが、意外にこの3つを持ってる人は多い。加えてFP2級も持ってますという人は結構いますね。オイラ、管業取ったら転職しやすくなるかな?とか思ってましたが、全然そんなことありませんw 三冠保持者が結構いることを考えるとそりゃそうか…と納得しました。

これからはレアな資格を取って個性際立つキャラになりたいと思います( ̄ー ̄)ニヤリ

ブランクとか汚点とか

例の「とある機械と対面するお商売」ですが、こやつの所為で要らぬ偏見を持たれたり不要なハンデを背負うことになるということがハッキリ分かりました。少なくとも相手にプラスの印象を与えられるものではない…(^_^;)

若かりし頃の自分は己の持てる全パワーをそれに投じたわけで、またそのことはかけがえのない経験になっているわけですが、サラリーマンとして生きていくならば伏せておいた方が良いような気がしてます。

「大学を卒業して、何とか内定をもらえた会社に入社して、大してやりたくもない仕事をする」、このことに強烈な違和感を覚えており我が道を進むことを当時は決意しましたが、、、今は現在進行形でしんどさを感じてます(苦笑) 新卒時、従順な態度で社会に出て揉まれておけばよかったですよ…本当に(;^_^A

今は道半ば…ですが、こんな汚れた経歴をガハハと笑える瞬間が来ることを願いつつ頑張ってます。学生の頃から「社会に出て●●がやりたい!」といった明確な夢を持ってる人ってマジ凄いと思うよ。俺は特殊な大学に行ったけど自分が本当に何がやりたいかって言うのは分からなかったから。←今も分かってないけどw

外見は”真面目に見える風貌”のようですが、意外に冗談を好みます。悪意がないならば強烈な無茶ぶりもカモンです。明るい話題に乏しい時代を生きる僕らですが、若者のような熱い思いを胸に頑張っていきたいですな。どうぞ仲良くしてください。

投稿日:2018年2月3日 更新日:

Copyright© 不動産業界の転職裏情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.